世界の差別問題

紹介

今なお差別問題特に黒人への差別は深刻な問題になっている。

差別とは、正当な理由によらず、人種的偏見または無関係な理由によって、
不利益・不平等な扱いを余儀なくされることを指す。
世界的にも、身分、宗教、階級、職業、人種、民族、文化、言語、
地域、性別、性的指向、能力、病人、障害、迷信、年齢等を理由に、
言われの無い差別を受ける人々が数多く存在する。

人種差別として、黒人差別は重大な問題となっており、
現代においても黒人居住区と呼ばれる地区は世界各国に多数存在している。
他の地区が受けられる公共サービスを受けることが出来ない等の施策がとられる、
人種的に隔離された地区である。

安定した仕事が得られず、貧困に陥っている人々が暮らし、
犯罪、麻薬中毒、アルコール依存等が多発している。
また、水道・電気等の生活基盤となる環境が整えられておらず、
衛生状態の悪化により伝染病や小児病が増加する。

人口の増加に対して隔離地区の面積が足りず、
基盤の整えられていない土地に家を建設する為、
安全性の欠けた住居に生活せざるを得ない場合もある。

また、近年、表立った人種差別は出来ないことから
一見差別と見られないよう、巧妙に隠される悪質なケースも存在し、
姿をかえながらもあらゆるかたちで差別は続いているといえる。

このサイトの趣旨・目的

ニュース

世界の現実

クリック基金

子供

途上国支援

医療支援

人権

環境

教育

緊急支援

その他