児童労働

紹介

「最悪の形態」と呼ばれている児童労働がある。では「最悪の形態」とはなにか・・・。

国際労働機関(ILO)は原則として、15歳未満の子供が大人のように働くことを児童労働と位置付けしている。 解釈に幅ができるため、曖昧さは付きまとう。

児童労働の類型
1.11歳までの子供が従事する一切の経済活動
2.軽易な仕事をのぞく全ての経済活動で12歳~14歳の子供が従事するもの
3.有害な条件のもと、15歳~17歳の子供達が従事する全ての経済活動
4.18歳未満の子供が従事する「最悪の形態」の児童労働
ここでいう最悪の形態としてみなされる部分は大きな問題であろう。それは以下になる。
 「人身売買、債務奴隷、強制労働などによって顕在化するもので、奴隷制度およびそれに類する慣行」
具体的には、
・売春
・ポルノグラフィー製作
・薬物の生産・取引に子供を使用する不正な活動
等は、最悪の形態とみなされる。(ILO百八ニ号規定)

最悪な形態の仕事に従事させられている児童労働者は、1億7900万人となっており、日本の人口を越えている。

このサイトの趣旨・目的

ニュース

世界の現実

クリック基金

子供

途上国支援

医療支援

人権

環境

教育

緊急支援

その他